1年で100冊の本を読んで得たものと失った物

2018年は本をたくさん読みました。

2018年1月30日から読書メーターに登録し、読んだ本の記録をしていました。

2017年に読んだ本も数冊ありますが、ざっと120冊程度。

だいたい3日に1冊程度読んだことになりますが、

実際はパラパラ~と読んだり、途中で読むのを止めたものもあります。

なぜ本を読むのか?

そもそも自分が本をこれだけ読むようになったのは、ブログタイトルにある通り、

賢くなりたい!と思ったからでした。

何をもって賢いのか?というのもありますが、

普段から、
「ちゃんと理解出来てないなぁ。」と思うことがあったり、
「こんな時はどうしたらいいんだろう?」とウンウン悩んだり、
「何の話?」とまったく知らない話が増えたり。。。。

自分がもっと賢かったら、こんなに苦労しないだろうなぁと痛感しました。

そこで、どうしたら賢くなれるかな?(←アホっぽい)とネットで色々調べたところ、

多くのサイトで「読書する」ということが書かれていました。

もちろんそれ以外にも色々方法はありますが、

  1. 自分にとって苦痛でない。
  2. 役に立ちそう。

という簡単な理由で読書を本格的に始めることにしました。

「本を読む」ということについて

それ以前も読書するにはしてたんですが、年に4~5冊程度でした。

しかしながら、自分が賢くなりたいと思う理由のひとつになった、

「本の内容を覚えていない」という事実がありました。

賢くなりたいなら、とにかく本をちゃんと読んでみよう!と思いました。

じゃあ、どうやってちゃんと読むの?本を読むって何なの?

という疑問がわいてきました。

そこでふと思います。「普段は分からないことはネットで調べるな。。。」

ネットで「本の読み方」を調べました。 (←アホっぽい)

そこで、「読書の為の本」というものに出会います。

Amazonで本のカテゴリー中、「読書」での検索結果

読書するために読む本があるんだ。。。と気付いた衝撃が大きかったです。

それからまずは10冊ほど、読書の為の本を読みました。

その中でも自分的にベストだったのは、この記事にもある、

樺沢紫苑さんが書いた「読んだら忘れない読書術」です。

そこで、アウトプットすることや、読む時間の確保について、知識を得るということについて

改めてしっかりと気づけた感じがしました。

それからは、自分が興味あるジャンルを中心に何冊も読み続けることになりました。

本を読んでどうなった?

2018年を振り返って、結果的に読んだ本は100冊以上になりました。

まあまあ多い方なんじゃないかと思いますが、では何を得たのか?

改めて考えてみると。。。

得たもの

1. 本の読み方・読書に対する姿勢を知った。

基本的すぎるかもしれませんが、自分にとっては凄く大きいことで、

今までは、ただページをめくって、 本を読んだ気になっているだけだったんだなと感じます。

何の為に本を読むのか?読んでどうしたいのか?

この辺がクリアになったために、不必要なページは飛ばす。つまらないと思えば途中でも止める。

などの判断ができるようになりました。

このため、以前は読書が苦痛に思うこともありましたが、今では気負うことなく、

色んな本に手が伸びるようになりました。

2. 知識が増えた。知識をより求めるようになった。

色んな本を読むので、当然色んな知識が付きます。

何かのニュースをテレビやネットで目にしても、それに関係する本を読むと、

ニュースの内容に対して理解が深まり、より多くの事を知ることができます。

最近ではAmazonやFacebookなどついて書かれているこの本が凄く面白かったです。

面白いので、さらに知ろうとする。すると、そこにまた知らない事が出てきて、

また知ろうとする。という好循環が生まれます。

3. 自分のダメな部分が分かり、そこについて考えやすくなった。

自分がこうしたいああしたい。と思ってもなかなか出来ないことには理由があります。

悩んでいることにも原因があります。

読書することで、自分が改めたいと思うことや、向上したいと思うことについて、

原因や対処法を知り、対策を練りやすくなります。

失ったもの

とは言え、今まで年に10冊も読書しない人間がいきなり100冊も読むと、

どこかでゆがみが出てきます。という事で自分が読書によって失ったものもあります。

1.本業での売り上げ。

これが全てと言ってもいいぐらいです (涙)

自分の仕事はネット通販なんですが、読書量が増えると同時に、仕事にかける時間が

大きく減りました。それに伴って、2018年の後半あたりからジワジワと売り上げが右肩下がり。

いやいや、本読んでる場合じゃなくない???

という事で12月は読書量を大きく減らしました。

読書の大きな目的は賢くなることですが、『賢くなる→売上アップを図る』

という考えも当然あります。それどころか売上ダウンなんて痛恨の一言です。

2.テレビに対する興味

段々とテレビを見なくなってはいますが、

本格的に読書を初めてからは、余計にテレビを見なくなっています。

理由は『内容が浅い』『本質が違ってる』ことに、やたら目がつきだしたからです。

ニュースやドキュメンタリーを見てると、「いや、そこの話そんなサラっと流す?」

とか、「この内容なら、あれは言わなきゃダメじゃない?」と思うことが増え、

真剣にテレビを見るのが馬鹿らしくなってきました。

もちろん、いいコンテンツはたくさんあります。 バラエティ番組も大好きです。

ただ以前ほど、何もないときにテレビをただつけて、ボーっとしている時間はかなり減りました。

2019年はどうしよう。

とりあえず、仕事はもっと頑張らないといけないし、

ブログももっとパワーアップさせていきたいし、今までとは違うこともやってみたい。

かと言って、このまま読書量を減らすのも自分としては良くないと思っています。

今では自分なりに本の読み方は分かっているつもりなので、

今年は目的意識を高めにした読書をやっていこうかなと思います。