『速く読む、全て詰め込む。そんなの必要ない』という読書。

こんにちは。おざとしです。
本を読むのが遅いなぁと思っていませんか?
その結果、読書自体から距離が離れていってしまう。。。
新しい読み方を身につけて、たくさん本を読んでいきましょう!

遅読家のための読書術・印南敦史(著)

著者の印南(いんなみ)さんは音楽ライターから雑誌の編集長を経て独立。

現在はライフハッカーやNewsweekなど、多数のWeb媒体で書評欄を担当されています。

そんな著者ですが、実は、本を読むのが遅い『遅読家』なのだそうです。

なにを隠そう、僕もかなりの「遅読家」です。
ちょっと試しに、手元にあった翻訳もののビジネス書で計測してみたところ、1ページを読むのにだいたい5分弱かかりました。(P.5)

もともと本を読むのが遅いという著者ですが、月60本ほどの読書レビューを寄稿されています。

そのため、1日に2冊ペース、年間700冊もの読書をしているそうです。

いったい、どんな読書方法でたくさんの書評を書いているのでしょうか?

そこには、「本を読むという行為」についての発想の転換があったようです。

フロー・リーディングという考え方

また、レビュー記事を書きはじめて気づいたことがあります。それば、「いくら熟読しても、実際には忘れていることのほうが多い」という現実。(p.30)

結局のところ、「すべてをあたまに叩き込むことを前提とした読書」ほどムダなものはないのです。(p.33)

「たった1回の読書」に期待しすぎなのでは?(p.35)

確かに、本を読むという行為は、楽しくて自由な行為のはずで、頑張るものではないですね。

あまりに本をちゃんと読もうと思っても、結局覚えてる事なんて、ちょっとしかない。

でも逆に、忘れていない部分にこそ、自分がその本から得た何かがある。

1つでも得られたことあるなら、読書をこなすことで、それが10にも20にもなります。

そう考えると、気楽に読書に向き合えそうです。

この本には速く読むためのステップや、多読メソッドなども紹介されていますが、

核になるのは、読書をもっと気楽に習慣化するということ。

そのためのフロー・リーディングという方法を紹介しています。

フロー・リーディングとは、本に書かれていることを頭の中にため込まず、

自分の中を通り抜けていくというイメージの読書スタイルです。

それでは結局、知識として何も残らないんじゃないかな。。。と思いますが、

しっかりと自分にとって価値のあるものを残す方法があります。

以前の記事でも紹介したように、

読んだ本の内容を忘れずに、身につく読書の方法とは?
こんにちは。おざとしです。「あの本、どんなことが書いてあったかな?」「よく見たらこの本、読んだことある・・。」こんな経験ありませんか?今まで色んな本を読んできたはずなのに、知識になっていない。覚えていない。...

著者もアウトプットの必要性を、以下の方法で提案しています。

  • 1ライン・サンプリング
  • 1ライン・エッセンス
  • 1ライン・レビュー

1ライン・サンプリングとは本を読みながら、自分が気になったところをノートなどに書き出すことで、このことによって、より深い読書体験を得られます。

1ライン・エッセンスとは、1ライン・サンプリングの中から、最も響く1行を選ぶことです。その1行こそが、自分がこの本を読んで得た価値となります。

1ライン・レビューとは、1ライン・エッセンスに対して、「なぜこれを選んだか?」、自分の感想を書くことです。そうすることにより、過去に読んだ本の記憶が再生されるのです。

このフロー・リーディングを、流し読みと併用して、たくさんの本を読みつつ、

本の中から自分が得られるものを探しましょう。

まとめ

そもそも、本を読むスピードって早くないといけないでしょうか?

確かに、読書スピードが早ければ、次々にたくさんの本に出会えます。

だからと言って、すべての知識が身につくでしょうか?

本を読む、イコール中身を頭に詰め込む、と考えると、なかなか手が伸びなくなります。

本書には、そういった考えに対して、頭に詰め込まずに、いかに気軽に読書を楽しむか?

という観点で書かれていると感じました。

本なんかなくても生きていける-

でも、「やっぱり本がある生活のほうが、ない生活よりはずっと楽しい」(P.196)

コメントをどうぞ